葉酸不足と過剰の影響

葉酸が世に注目されたのは、世界でお腹の子の成長と、更に、先天性の病気を防止するのに不可欠と言われてからです。

厚生省では1日400ug摂ることを推奨しており、これにより発症率は7割低下するといいます。

しかし、近い将来母親となる女子高生の認識率は3%にすぎないという話もあり、その認知度はまだまだなのかもしれません。

その他の効能としては、狭心症や脳梗塞などの血管系の疾患や抹消神経将棋、アルツハイマーなどの痴呆や抑うつ病、更に結腸ガンや白血病の発症リスクを抑えるとされます。

一般的に葉酸が不足すると、慢性的な疲労感や抜け毛、口内炎や潰瘍の粘膜症状や神経に影響が出てくるとされ、多くの企業から葉酸サプリメントが販売されています。

一方で、1日の摂取限度量が1000mgと、摂り過ぎによる障害も言われています。

高齢者に多い「巨赤芽球性貧血」の診断難や、妊婦が摂り過ぎると乳がんのリスクが上がるという報告もあります。

何事も、過ぎたるは及ばざるが如しという言葉の通り、たくさん摂れば良いというものでは無いようです。

Leave a Reply

will not be published

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>