妊婦は葉酸サプリの利用を考えてみよう

葉酸はDNAやRANの合成に必要なビタミンです。
胎児は活発に細胞分裂をしていて、このときに葉酸を必要とします。

そのため、妊婦は葉酸摂取に気をつけます。
1日に必要な葉酸の量は、成人は200μgですが妊婦はその2倍の400μgになります。不足すると神経管閉鎖障害などのリスクが高まります。

葉酸が多い食品は、緑黄色野菜、レバー、納豆などです。熱に弱く水に溶けやすいため調理でほとんどが失われます。

400μgもの葉酸を食事から摂取するのは難しいです。また、妊娠中はつわりがひどくて食べれないことがあると思います。

そんなときはサプリメントの利用を考えてみるとよいです。

健康的な毎日を過ごしたい方や、これから妊娠を希望されている方には葉酸は最適な栄養素になります。妊娠をしたとき、医師に葉酸を摂るに言われた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。ただ、実際のところ葉酸ってどのような成分なのか正しく認識されている方は少ないのではないでしょうか。 より効率的に栄養分を摂取するためには、たくさんの野菜を食べなければいけないのかと思われるかもしれませんが、最近では野菜も高くなっていますし、自分で食べれる量にも限界があります。 そんなときにはサプリメントを利用することで、時間やお金をかけることなく手軽に葉酸を摂取することができます。サプリメントを利用すれば、妊娠中のお母さんも体調や食欲に関係なく必要な量の葉酸を摂ることができます。赤ちゃんの健やかな生育にも葉酸は重要になりますので、ぜひサプリメントを取り入れてみてください。
参考:葉酸サプリメントの口コミランキング

サプリメントなら1日数粒水と一緒に飲むだけなので、つわりのときでも飲み込むことができるはずです。

飲み込みやすいように小粒のもの、臭いが少ないものを選ぶとよいです。
海外製品は含有量が多いですが、粒が大きくて飲みにくいです。

日本のものでも1日に必要なものが摂れるので、国産サプリメントを選ぶとよいでしょう。

妊婦の不安は葉酸で

妊娠すると赤ちゃんを自分のお腹で成長させるので責任は重大ですよね。
自分が摂取した
食べ物や生活スタイルでもしかしたら赤ちゃんにトラブルが起きたら?と不安になると
思うんです。私もそう思って食生活には気をつけていました。しかし、ちゃんとしてても
不安になるんですよ。そこで葉酸が胎児の健やかな成長を助ける事を知りました。特に
胎児の障害の発生を抑えられると知り葉酸を多く含んだ食品を食べるようになりました。
つわりの時期も重なってちょっとつらかったのですが、緑の野菜をおひたしにして食べると
さっぱりとして食べやすかったです。
調べてみると、妊娠前からよく摂取した方が良いとありもっと早くから食べていればよかった
なと思いました。葉酸は赤ちゃんの為にもなりますし、妊娠初期に母としてできる数少ない
赤ちゃんのお手伝いだと思います。不安ななか何かしてあげる事があるのは精神的にも
救われた気がしています。今は便利なサプリメントもあるので前以上に身近な物になっている
様です。